TOP > 職種紹介

営業の仕事 機械をバラして修理をするのも、営業の仕事です。

・お客様を訪問し、ご要望を引き出します

・ご要望にあった機械を提案し、契約を締結します

・できあがった機械を責任もって納品します

・納品した機械の調子が悪い時にはお客様先に駆けつけ、修理します

・部品交換のタイミングや、機械の替え時のアドバイスを行います

こんな人に向いています

・機械に興味があれば文系OK!

・ものづくりに興味があれば文系OK!

・人と接するのが得意で、喜んでもらうのが好きな人

・工具など使って作業することが好きな人

「このパイプ何に使われるんですか?」って、すぐ聞いちゃいます(笑)

米山 真司Masashi Yoneyama

米山 真司

自動車、エアコン、イス、駐車場の駐輪止め、街路灯、てすり、新幹線の窓、飛行機。この仕事は納入先のジャンルがとにかく広いんです。世の中にあるさまざまな製品がどうやって作られているのか、その工程を知る機会って普通に生きていたらそんなにない。でも、この仕事だと次から次へと情報が入ってくる。2年、3年あとに発売される新製品、まだ知らない話を聞ける時ってすごくワクワクしちゃいます。

米山 真司

元々は製造担当でした。外に出てみないか?次のステップで営業やってみないか?と声をかけられて、営業に異動したのが10年ほど前。千代田工業は、上の人がチャレンジを後押ししてくれる会社です。海外出張に行かせてくれたり、新しくこういうことやるけどどうだ?と聞いてきてくれたり。チャンスがたくさんあるので、向上心がある人にとって、すごく楽しい会社になると思いますよ。

出身は法学部。ネジのサイズから勉強しました。

平本 翔規Syouki Hiramoto

平本 翔規

文系なので、本当に基礎の基礎から勉強でした。入社すると浜松で3ヶ月の研修を受けるのですが、その期間は毎日わからないことの連続で正直しんどかったです。諦めずに頑張れたのは会社の人たちの協力のおかげ。分からないことを聞ける人が何人もいたのは心強かったですね。

平本 翔規

千代田の製品は壊れない。それゆえに、営業に苦戦するときもあります。部品の生産自体が終わってしまうような古い機械でも「動いているからまだ必要ない」って言われてしまったり…。でも、壊れてしまった時に困るのはお客様ですから引き下がるわけにもいきません。相手の立場になりながら、ベストな方法を考えるのも営業の大事な仕事です。